ザ・ファーム

能登を元気に!農業で能登おこし

担い手の高齢化や後継者不足など、能登の農業は今、さまざまな問題を抱えています。そうした中、「日本海倶楽部・ザ・ファーム」プロジェクトは、日本海倶楽部10周年を機に2008年春からスタート。
地元の人たちと障害者が一緒になり、使われなくなった畑地を再び耕し、「能登の農業の元気を取り戻す」ことを目標とするプロジェクトです。

老いも若きもすべてが共に生きるソーシャル・インクルージョン、ワークシェアの考えのもと、現役を引退し始めた農業の達人にもプロジェクトに参画いただくことで、伝承の知恵と持てる技術を活かします。民間企業が農地参入を認められ、大手企業が農業に乗り出し始めていますが、社会福祉法人が農地を取得し本格的に農業に携わるのは、石川県内では初めてです。

「能登はやさしや土までも」
奥能登には豊穣の大地と素朴な人、知恵と人情という無限の可能性がまだまだ眠っています。